ケアプラン作成

ケアプランの作成のほか、利用者が安心してサービスを利用できるよう支援致します。
利用者負担はありません。(全額を保険で給付します)

要介護(要介護1~5)の認定が受けたいが、どうしていいかわからない…
居宅介護を利用するためにサービス提供に伴う提案や他の介護事業者を利用するために選定や調整をしてケアプランを作成します。
※介護事業者はこのケアプランを基にサービスを提供します。

居宅サービス一覧 

◆訪問介護

ホームヘルパーが要介護者の居宅を訪問し、介護その他の必要な日常生活上の世話を行うサービス(外出介助や通院・おむつ交換・薬見守り・入浴介助・調理・掃除など)

◆訪問リハビリ

理学療法士や作業療法士が要介護者の居宅を訪問し、心身の機能の維持回復、日常生活の自立を助けるために必要なリハビリを行うサービス

◆訪問看護

病院等の看護師等が要介護者の居宅を訪問し、療養上の世話や診療の補助を行うサービス

◆居宅療養管理指導

医師等が要介護者の居宅を訪問し、療養上の管理及び指導を行うサービス

◆訪問入浴

特殊浴槽を積んだ移動入浴車等により要介護者の居宅を訪問し、浴槽を提供して入浴の介護を行うサービス(看護師が必ず同行します)

◆福祉用具のレンタル

要介護者が車椅子、ベッド、歩行支援具等の福祉用具を借りることができるサービス。
▼1割負担費用例…電動ベッド1ヵ月1,000円~2,000円(ベッド・マットレス・サイドレール3点セット)
車椅子1ヵ月500円~1000円程度でレンタルできます

◆特定福祉用具の購入

要介護者が入浴又は排せつ等の用具を介護保険の適用により購入できるサービス
(年間10万円まで5品目の特定福祉用具を購入できます。1割負担あり)

◆住宅改修

室内・浴室・トイレ・玄関・廊下などの手すりや段差解消(バリアフリー)
20万円まで(利用者1割負担あり)※その他条件あり 

◆デイサービス

要介護者を老人デイサービスセンター等に通わせ、介護その他の日常生活上必要な世話や機能訓練を行うサービス

◆ショートステイ

要介護者を介護老人保健施設等に短期間入所させ、看護、介護、機能訓練その他必要な医療や日常生活上必要な世話を行うサービス

ケアプラン作成までの流れ


1. ご利用の申請
ご利用にあたって、お住まいの市区町村への申請が必要となります。うらしま介護サービスでは申請の代行を無料でさせて頂いております。

2. 訪問面接

介護支援専門員が直接訪問し、ご利用者の身体状況やご希望などをお伺いします。

3. ケアプランの作成

介護を受けられる方に最適と思われるケアプラン(介護サービス計画)を作成いたします。また、ご利用されるサービス等の連絡調整も行います。

4. 他にも介護のことでお困りの際は、どんなことでもご相談ください。