よくあるご質問



介護保険制度では"介護支援専門員"のことを言います。
ご利用者やご家族からの相談に応じ、適切なサービスを利用していただけるように、介護サービス計画を作成(ケアプラン作成)したり、各種連絡調整や手続きを行う専門職です。
医師、歯科医師、薬剤師、 看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士などをはじめとする保健・医療・福祉サービスの実務経験があり、資格試験に合格し、実務研修を修了してはじめてケアマネジャーとして仕事をすることができます。

ケアマネジャーがご相談に応じて、ご本人のご希望や心身の状態などを考えた上で、介護を受けられる方へ適切な介護サービスの計画を作成するのがケアプランです。
ケアプランの作成は義務ではありませんが、作成しなかった場合はサービスの利用にあたって、いったん費用の全額を支払わなくてはなりません。
"要介護者等"の方のケアプラン作成には利用者負担は一切ありませんので、ケアプランの作成をお奨めします。

高齢者の生活を総合的に支えていくことを目的に、平成18年度から新設されました。
保健師、社会福祉士、ケアマネジャー等が中心となり、「ケアマネジャーへの支援」「権利擁護」「介護予防に関するマネジメント」「総合的な相談・支援」などを行っています。

要介護状態になったとしても、できる限り住み慣れた地域で生活が継続できるように支援するサービスのことで、平成18年4月から新設されました。
地域密着型サービスは、原則、住んでいる市区町村内にあるサービスのみ利用できることとなっています。
【在宅】
・小規模多機能型居宅介護
・夜間対応型訪問介護
・認知症対応型通所介護
・認知症対応型共同生活介護
・地域密着型特定施設入居者生活介護
【施設】
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護